葬儀

社葬を問題なく進行するために

企業の要人の突然の死去は会社経営の場に於いて辛辣な気持ちを感じさせる出来事です。ただ、個人の死去とは違い、企業の要人の死去は、個人の死という側面だけでは捉えることは出来ません。企業の顔であった要人の死去は、内外に動揺を与えるものです。社葬を開き、社内や関係者に対し、故人亡き後の方針を知らしめる意味合いも社葬にはあるのです。個人の葬儀であれば、家族や親戚を交え、密やかに葬儀を行っても良いのですが、企業の要人の場合には、個人的な側面からの葬儀だけでは無く、企業の要人という公的な側面での葬儀を開く必要があります。故人の生前の功績についてを参列者に認識させ、今後の企業の方向性についてを考える場でもあるのです。企業に対して多大な功績を残してきた要人の死を、会社として厳格に捉え、社葬を行なうことで、会社全体の指揮を高め、取引先の不安を解消することにもなるのです。社葬を問題なく進行することで、要人の亡くなった状態への不安心理が消されてもいくのです。