葬儀

葬儀のことを考えるのはタブー?

日本人は、死後のことつまり葬儀のことを考えるのは不謹慎ということでタブー視してきました。
「親が高齢だから葬儀のことを考える」「危篤だからそろそろ業者を決めておく」ということを言い出すと、家族間で意見が分かれてしまうことも少なくありません。
人間は誰でもいずれ死が訪れますが、それを考えるのはまだ生きている人の前では失礼、ということで避ける傾向があります。
これは昔から受け継がれてきた日本人の考え方なので、それが悪いとは言えません。死後のことを考えると死が近づいてくる、というような恐れに似た気持ちもあります。
ただ、人が亡くなってから葬儀までには時間がないのが普通です。そのため、少しだけでも死後のことを考えて段取りを立てておいたり、業者を調べておくというのは本当は大切で正しいことです。
葬儀社や、消費者のサポートサービスを行っている業者は事前相談を受け付けていることもあるので、それを使って相談しておくのも一つの方法です。