葬儀

葬儀は残された者にとって区切りとなります

葬儀を行うのは、ただ単に死者を弔い葬る為だけとは言えません。
確かに「葬儀」という言葉だけにフォーカスするとその意味は亡くなった人を弔い葬る儀式となりますが、葬儀を執り行うことで残された者もその後の人生を前向きに生きていくことが出来るようになるのです。
今まで一緒に過ごした時間を思いながら最後の別れをすることで、故人に対する最大の感謝や愛情が込み上げてくることでしょう。人は亡くなれば皆無に帰ります。妬みや恨みなどの感情はその場に微塵もなく、ただただ純粋な愛に満ち溢れるのです。その時間を多くの人と共有することで悲しみを癒し、生きていることへの感謝や喜びに感じることが出来ます。
大切な人を失った悲しみが完全に癒えるには時間が必要です。
しかし葬儀を執り行うことで気持ちに一度明確な区切りがつくことは確かで、立ち直る為に必要な時間には個人差があるものの、それにより残された者達は新たな一歩を踏み出すことが出来るようになるのです。