一般的なお葬式の日程

お葬式は事前に準備ができるものではありませんので、いざその時になって手順が見えずに慌ててしまいがちです。一般的な日程についてはある程度のおさえておくことをおすすめします。
通常は、お通夜といって故人とのお別れを惜しむ場を葬式の前日に設定します。開始時刻は誰もが参加しやすい午後6時頃に設定するケースが多く、仕事の関係上お通夜にのみ参列される方が多いのも特徴です。受付に関しては2時間前ほどに始まり、通夜の開始から終了までは1時間程度となるケースがほとんどです。ただし、参列者が多くなるとその分時間も長くなるケースが見られます。お通夜のあとは近親者のみが残りその他の参列者は帰宅となります。
葬儀と告別式は翌日の午前10時ころからスタートします。その後出棺となり故人のご遺体を火葬してから式場に戻り、法要を行って一連の流れが終了します。混み具合によっても変わりますが、おおよそ午後3時ころまでには終了となります。